ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

ウォルフ波動の基本(4)

今回は、ウォルフ波動の自分なりの見つけ方を
実際のチャートを使ってご紹介したいと思います。

ウォルフ波動というのは、チャートを見慣れていないと
なかなか発見できないと思います。
自分も1年くらいずーとチャートとにらめっこしていて
ようやくウォルフを認識できるようになった感じです。

このブログでは、基本はウォルフ検証を目的にしていますので
随時ウォルフのチャートをアップしていければと考えています。
(ただし、引くラインについては、人によって微妙に違ったりしますので
あくまで、自分がこれだろうな、と思う、ご都合ラインになってしまいますがご了承ください)

さて、ウォルフ波動について、自分の引くラインですが
直近の、みんな大好き「ドル円」で解説してみたいと思います。

まずは、ドル円4時間足。
これを見てどこにウォルフが隠れていると思いますか?
ちょっと考えてみてください。

正解はこちらです。

いかがでしょうか?
このウォルフの形は自分的には好きなパターンです。
実はこのとき、5️⃣点目のタイミングでは、ほとんどの人がこのまま上に行くと思っていました。
しかし、キレイに形成されたウォルフを確認していた自分は、下目線でおりました。
そして、雇用統計の指標で一気にターゲットまで下落していくことになったのです。
結果的にはさらに下落を続けることになりましたね。

4時間足のウォルフは、ウォルフターゲットまでかなりの値幅が取れますので
発見するとなかなか嬉しいです。
ただ、ターゲットに到達するまでには1週間、2週間かかることもありますし
価格は上下しますので、トレンドをつけたら、少しずつ刻んで利益を取っていく方がいいかもです。

続けて、同じ時期の、同じくドル円15分足を見てみましょう。
さて、この中でウォルフはどこにあるでしょうか?

正解はこちら。

ここでお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
さっきの4時間足のウォルフパターンと似ていませんか?
似てますよね、形が。
実は、チャートの形というのは、大きい足の形が小さい足に現れることが多いいんです。

ちなみに、このチャートの中にはもうひとつウォルフが隠されています。
それがこちらです。

ウォルフパターンとしては若干形が緩いのですが
さっきのウォルフの
4️⃣点目が1️⃣点目に
5️⃣点目が1️⃣点目に入れ替わって
逆のパターンを築いているんです。

そうなんです。
ウォルフというのは、4️⃣点目が1️⃣点目に変わり
ウォルフ形成後、逆のウォルフを作ることもよくあるんです。
これを知っていると、次の予測が立てやすいんですよ。

ちなみに15分足レベルの場合は、比較的速やかに
ターゲットまで到達してくれるのでストレスがないかもですね。
(もちろん、5分足、1分足でもウォルフは同じように現れます)

いかがだったでしょうか?
人によって若干違う見つけ方もあるかと思いますが
自分はこんなイメージでウォルフパターンを発見しては
ラインを引いてトレード戦略を立てております。

皆さんのトレードにのお役に立てると嬉しいです。

以上、自分なりのウォルフの見つけ方とラインの引き方を
実際のチャートでご紹介しました。

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)