ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

本日は東京市場が休みで薄商いとなりましたが
欧州からは少し動きが出てきましたね。
さて、週末、読者のクウさんから
ウォルフ波動についてご質問を頂戴して
やり取りをさせて頂いておりました。
その内容が、以前からブログで紹介しようと
思っていたものだったのですが
文章での説明が分かりづらいかと思い
そのままにしておりました。
内容はウォルフ波動での注意点となるものです。
しかし、クウさんから質問を頂戴したのをきっかけに
今回ご紹介しておきたいと思います。
(分かりづらい説明かもしれませんがすみません)
クウさんからは
【NZドル/カナダドルの日足チャート】で頂戴していたので
それを元に行いたいと思います。

まず最初に
ウォルフ波動の基本について見てみます。

ウォルフ波動の基本は
上昇局面(天井付近)でのウェッジ形成による
下方向ウォルフ波動

また
下落局面(底付近)でのウェッジ形成による
上方向ウォルフ波動

ということになります。
ポイントは【「上昇局面」「下落局面」での切り返し】です。
こうした天底付近でのウォルフは勝率が高いものとなります。
上記のチャートでもウォルフ波動が決まって
ターゲットまで価格が動いているのが分かります。

しかし、こうした天底付近以外でウェッジが出現して
ウォルフ波動らしきチャートパターンを作ることがあります。
上記とまったく同じチャートを下記のように見てみます。

クウさんからの質問はこのチャートについて
下記の内容で頂きました。

1・3・5ラインを抜けてさらに高値を更新した時の
ウォルフの見方と、送らせて頂いたチャートをYOUさんでしたら
どのようにウォルフと見られるのかを教えて頂けたらと思いますm(__)m

まず、このチャートでは、下方向ウォルフのラインが引けます。
しかし②④ラインをキレイに抜けずに上昇しているのが分かります。
ここで意識してほしいのが、左側の「親波」になります。
親波(この場合は下落の波)を切り返したばかりのポイントは
トレンド(この場合は上昇)となり、その流れでウェッジと見えるチャートを作ります。
ここで一見ウォルフ波動となるかと思われますが
この「親波の切り返し部分でのウェッジ」というのは
あくまでキレイなトレンドとなるケースが多いです。
(チャートは親波を征服していこうとする習性があります)
ですので、ポイントとしては親波にフィボナッチを当てて
50%付近までは戻りをつける可能性があるということを
意識しながら見ると、早すぎる逆張りエントリーを避けることができます。
それと、エントリーするとき、ひとつ上の足を確認して
左側の親波との関係性を今一度確認すると良いと思います。
そうすることで、ウォルフでのエントリーの失敗が減ると思われます。
同時に切り返しポイントでは、エリオット波動の1波が分かりやすく出るので
順張りトレンドでのエントリーも可能になります。

実は直近ほかの通過ペアでも同様のパターンが多く見られたので
「ウォルフ波動の注意点」として記載させて頂きました。
説明足らずで分かりづらい点もあるかもしれませんが
よろしくお願いいたします。

ではでは^^

⬇”応援クリック”宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。