ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

今夜は注目の指標
米国・小売売上高の発表がありました。
結果は予想を上回る数値が出て
ドル円も上昇基調となりました。

ヒドゥンワタナベさん、bbさん、SKさんなどから
ドル円ウォルフの動向について連絡がありましたが
ひとまず無事ウォルフターゲットまで到達となっています。

ドル円4時間足です。

このウォルフですが
実は②④ラインの④点目となるところが少し微妙な感じで
よくよく細かく検証すると
ウォルフラインが3本ほど引けます。

一番ポジティブなラインにはタッチして
そのまま調整に入りましたが
このまま調整押しをつけてくれたら
その上のラインへと
もう一段、上げてくれるとも見て取れます。

そんな中、SKさんからメールを頂戴していたので
ご紹介します。

youさんこんばんは!
ドル円予想通りあがりましたね(^^)
そこで質問なんですが、今回のドル円2-4のラインを抜けてから
押し目という押し目をとってないのですが、この場合youさんならどう乗りますか?
あと押し目をつけるかつけないかの判断的なものが有りましたらお聞きしたいです。
お返事お待ちしております。
skより

そうなんですよね。
本来②④ライン抜けは、一旦押しを待ってからエントリーが
望ましいのですが、
今回はまともな押しなく上がっていったんです。
そんな場合は困ってしまいますよね・・・。
自分も、指標のタイミングでまともな押しがなかったので
一回下げるのかな?と勘ぐっていました。

そこで、自分の方から返信差し上げた内容は
以下の通りです。

本来は仰る通り
しっかりとした「押し」を待つのですが
今回は4時間レベルでみて「押し」がないですよね。
今回の場合は
さきほどの小売指標の結果内容が方向性を決めると言われていたので
(結果が良ければそのまま上という見方です)
発表のタイミングで
1分足や5分足など短期足も含めて移動平均線を見ておりました。
発表の時点で
4時間では80EMAに乗せていたのでこれを「押し」と捉える。
発表後、1分足では20EMAに「押し」をつけたので
おそらくそのまま上まで行くかと思って自分も発表後に短期エントリーしてみました。
なので
状況によっては、短期も含めた移動平均線がいいのかとも思います。
(自分の場合は20EMAと80EMAメインですが、これは好きなものでいいと思います)
ドル円はこのままウォルフターゲットまで行ってくれるといいのですが・・・
と思っておりますが、どうなるでしょうかね・・・
ターゲットまで行ったらブログ記事にしようと思います。
では宜しくお願いします。

・・・とご返信させて頂きました。
移動平均線はマストものというより目安ですが
トレンドの押し目ラインとしては使えるので
押し目、戻り目の目安として
細かい足も見つつ使ってみると良いかもしれません。

ではでは^^

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。