ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

今日は猛暑ですね(汗)
先ほどまで外に出ていたのですが
歩くだけで汗がダラダラと出てきました。
熱中症にはお気をつけくださいね。

さて、今週の相場ですが
月曜日はほとんどボラがなく
ちょっとやきもきした動きでしたが
昨日、米指標や北朝鮮関連情報などで
上下に振られる展開となりました。

昨日から今日にかけての
ウォルフトレードから
ユーロ円をご紹介します。

ユーロ円4時間足です。

このウォルフは
先週ラインを引いて
②④ライン抜けを待っていたものです。
(あまりキレイなチャートではないですが)

金曜日に一旦抜けたのですが
そのまま戻りから
上に切り返していってしまったため
さらに待っていたですが
今週やっと抜けてくれたので
そのまま乗っかって行きました。
(②④ライン抜けからターゲットまでの値幅は170PIPSです)

コメントでbbさんからご質問のあった
移動平均線なのですが
自分の場合
監視用チャートには複数本の移動平均線を入れているのですが
ちょうど120日移動平均線(赤い線です)に当たったところで一旦決済し
その後再エントリーしてターゲットまで取引しています。
(120日や320日は、割と反応しやすいため、一旦調整が入る場合が多く
自分も途中決済の目安にしていたりします)

コメント欄でヒドゥンワタナベさんから
「1時間足がウォルフになる?」と
連絡を頂戴していたのですが
自分は4時間を見ておりましたので
気がついていなかったのですが
1時間足では上方向へのウォルフを作りかけていたとも
見て取れますね。
ただし、①③⑤ラインを大きく下へ抜けていったため
様子見となったと思われます。

ユーロはまだ強い状況が続くとの見方は相変わらず多く
ユーロドル、ユーロ円は、直近で下落調整があったとしても
もうしばらく上方向になる可能性も高いので
上方向へのウォルフが見られたら良いですよね!!

ではでは^^

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。