ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

ウォルフ検証(2017/6/13)

昨日の夜
ウィルキンス・カナダ中央銀行副総裁が
「緩和策の縮小が必要かどうか見直す」と発言。
それを受け
カナダドルが勢いよく買われる展開となりました。

カナダドル関連の通貨ペアに関しては
4時間レベルでウォルフ波動チャートパターンが形成されていて
②④ライン抜けの動向を見張っていたのですが
昨晩の発言を受けて
見事にターゲットまで到達していく流れができました。

ユーロ/カナダドル4時間足です。

ユーロ/カナダドルは上昇基調だったことから
わりとキレイにウォルフチャートパターンが
形成されていたのですが
②④ライン抜けからの戻りが美しく決まり
そのままウォルフターゲットまで一直線で下落。
約200PIPSの値幅です。

そしてこちらは
カナダドル/円4時間足です。

②④ラインを抜けたあと、一旦大きく戻していたため
様子をみていたのですが
こちらも一気に抜けていきました。
間もなくウォルフターゲットまで到達する流れと思われます。
(※追記:その後、次の4時間足で無事ターゲットにタッチしました)

カナダは意表を突いた買いの展開でしたが
ウォルフラインを引いておいたおかげで
逆トレードのポジションを持たずに助かったのかと
思ったりもしています。
それでは引き続き宜しくお願いいたします^ー^

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)