ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

1月23日ドル円予想レンジです。

108.90円〜109.50円 (ニッセイアセットマネジメント)

昨日のドル円相場は
一応アメリカからは否定が
あったということだが
米中通商協議の進展がみられない
といった報道や
米金利の低下、株安もあり
ドル円は軟調な展開となった。
本日もこの流れを引き継ぎ
上値が重い展開が予想される。

アメリカの住宅市場の
好不況を示すといわれる
NAHB住宅指数がある。
NAHBは、アメリカの景気の
先行指数として有効で
ドル円にも1年先行する傾向がある。
これによると
先行きのドル安が示唆されている。
NAHBはアメリカの政策金利にも
連動性があり
NAHBが急低下したあとは
早くて1ヶ月遅くて6ヶ月後には
アメリカは利上げを打ち止めにしている。
現在NAHBは高値圏からピークアウトし
低下してきていることから
利上げ期待が高まる動きにはならず
ドル円も上値が重くなると考えられる。
また株価についても
NAHBに連動し後追いで上値が重くなる
ことが予想される。
その点でドル円が節目の110円を
大きく超えて上昇するには力不足で
107円半ば程度を目処に押し戻される
のではないかと考えられる。

⬇”応援クリック”宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTubeチャンネルはこちら!

Twitterはこちら!