ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

1月9日ドル円予想レンジです。

108.00円〜109.50円 (みずほ証券)

昨日のドル円は、NY時間には
108円前半まで
下押しする場面もあったが
堅調なアメリカ株と
トランプ大統領による
中国との交渉が
非常にうまくいっているという
ツイートが下支えとなって
108円台後半まで反発。
本日は引き続き行き過ぎた
リスクオフの修正が続く中
ドル円は109円台を伺う展開が
予想される。

年末年始は各市場が
かなり行き過ぎた動きとなった。
例えばS&P500指数の予想EPSは
プラスにもかかわらず
クリスマスにかけて同指数は
10%程度の減益を織り込む水準まで急落。
また、アメリカの政策金利の先物も
3日にかけて急低下し
年内利上げどころか、利下げ実施の確率が
一時40%を超える水準となった。
このような中、ドル円も
年末年始で約7円の上下幅と
やや行き過ぎた動きを見せた。
不安ばかりが加速したものの
足元のアメリカ経済は緩やかに成長を
続けており、このような
すぐにリセッション入りとの値動きは
行き過ぎと見られる。
ドル円は12月からの急落の半値戻しとなる
109円台前半から200日移動平均線がある
111円程度までの調整的な反発があるのではと
考えられる。

<<本日の重要経済指標>>
28:00 アメリカ・FOMC議事録

⬇”応援クリック”宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTubeチャンネルはこちら!

Twitterはこちら!