ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

12月18日ドル円予想レンジです。

112.10円〜113.10円 (クレディ・A銀行)

先週末のドル円相場は
アメリカの税制改革法案が
今週中にも可決される可能性が意識されて
112.60円近辺まで上昇して引けた。
本日も税制改革法案に対する期待から
ドル円は堅調に推移し
113円台を伺う展開が予想される。

アメリカの税制改革法案が
今週成立すれば
ドルのレパトリエーションへの思惑から
ドル需要が再び
ユーロの押し下げ要因になる
とも考えられる。

現在の為替の注目点として
ドル調達コストの上昇とユーロの動きが
挙げられる。
ユーロの支払いをドルに転換する際の手数料
(クロス・カレンシー・ベーシス・スワップ)の
売値と買値の差であるスプレッドの拡大が
注目されている。
スプレッドのマイナスが大きくなるほど
ドル需要が強いことを示すものだが
現在マイナスが進んでいて
(年末特有の動きとも言えるが)
ユーロ/ドルの上値を重くしている
原因となっている。

こうした動きは、クリスマスを控えた
今週後半に一巡すれば
ユーロ/ドルに対する下押し圧力が
弱まると考えられる。
また、ユーロは世界の投資ポートフォリオ全体で
アンダーウェイトとされているため
年末のリバランスによるユーロへの需要が
ユーロ/ドルへのサポートとなることが想定されるため
ユーロ/ドルの下落は今週後半には一度底をつくと
考えられる。

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。