ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

7月11日ドル円予想レンジです。

110.50円〜111.50円

本日早朝
「米当局は2000億ドル相当の
対中関税リストを公表予定」との
報道が流れたことにより
昨日までと一転、リスクオフの円買いが加速。
ドル円は111円を割り込む展開となった。

昨日までは、米中の貿易問題については
悪材料出尽くしという形で
好感される相場展開となり
株価は上昇、為替市場では
円安ドル高傾向が続いていた。
この先は111.50円が
ひとつの節目とみられており
突破すれば上値余地が大きいと見られていた。
しかし、本日早朝の報道内容により
貿易戦争への懸念が再び浮上。
現在日経CFDもマイナスに転換し
本日の東京市場の動きが懸念される。

これまでトランプ大統領が
中国を狙い撃ちにして
打ち出している関税措置だが
今後も可能性がある措置は
まだ控えている。
合計の課税額は最大で525億ドル。
これがどれくらい中国の輸出の不利に繋がるかというと
中国の年間総輸出額に対する割合は
2.3%に相当する。
それくらい値上がりと同じ悪影響が出ることになる。
ところが、そこに為替の調整力が働いていて
人民元の実効レートをみると
6月の後半から約3%下がってきていて
こちらは輸出にとって有利に働いている。
そのため、関税の2.3%の不利を打ち消している。
一方、中国が打ち出した対抗措置による
中国国内消費への影響をみると
特に大事なのが
アメリカから年間140億ドル輸入している大豆で
これは養豚のエサになるので、関税がかけられると
食費全体が上がることになる。
ところがその大豆価格が
この1ヶ月で約20%下落している。
つまり、ここに25%の関税が上乗せされても
元のコストのまま輸入できるということになる。
このような理解が進めば
今まで関税措置が市場にとっても世界経済にとっても
悪いものと見なされていたところから
徐々に楽観的に向かっていくのではないかと思われる。
その意味ではどちらかというと
円安方向が進みやすい地合になっているのではないかと
考えられる。
ただし、本日については
楽観視されつつあった米中貿易戦争問題が
再燃してきているため
中国市場の動向も見ながら
リスクオフ相場に備える必要がある。

⬇”応援クリック”宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。