ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

5月31日ドル円予想レンジです。

108.30円〜109.30円 (シティ・グループ証券)

昨日のNY株式市場は
前日のリスクオフのムードから一転
巻き戻しの動きとなった。
イタリアの政局不安に関しては
特段の好材料は出ていないものの
情報が整理されてきたこともあり
過度に強まった警戒感は
一時後退した形となった。
米・長期金利や原油価格が反発したことを受けて
金融やエネルギーセクターが市場を牽引した。

また、アメリカの1-3月期GDP改定値も発表されたが
個人消費は2013年以来の低水準となった。
ドライブシーズン入りしたアメリカでは
現在のガソリン価格の上昇で
ガソリンスタンドでのインタビューが
テレビで頻繁に放送されるなど
今後、全般的な消費意欲の低下に
繋がる可能性もあり
警戒感が高まっている。

一方為替は
イタリアの政治不安が緩む格好で
リスク回避が一服し
ドル円も109円近くまで値を戻す展開に。
本日のドル円相場は
昨日の戻りが強いということもあり
少し上値が重いことも予想される。
また、カナダで
G7の中央銀行総裁会議が開かれるので
声明文は発表されないと思われるが
要人発言には注意が必要。

<<本日の重要経済指標>>
23:00 アメリカ・中古住宅販売成約指数

⬇”応援クリック”宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。