ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

2月2日ドル円予想レンジです。

108.70円〜110.20円 (三井住友銀行NY)

昨日のNY市場は
新規失業者申請者数が
予想を下回ったことから
ドル円は堅調なスタートとなった。
アメリカ時間午後に株価が反発となる中
ノボトニー・オーストリア中銀総裁の
ECBは資産買い入れを終える時期だ
との発言を受け
ユーロ円が年初来高値を更新し
連れてドル円は109円台前半で底堅く推移している。

現在、円の材料として
今週はじめに黒田日銀総裁が
日銀の早期の金融政策正常化観測を
明確にしたこと。
ドルの材料としては
一般教書演説でトランプ大統領が
過度な保護主義姿勢を前面に
出さなかったこと
ややタカ派的となった昨日のFOMC
そして堅調な米国経済が挙げられる。
これら円とドルの材料が
ドル円をサポートすると思われる。

今夜は米国雇用統計が発表される。
1月の雇用者数は
昨日発表されたADP雇用報告が
強い結果となったこと
また、弱い結果となった先月分の反動から
市場予想である18万人を上回ることが
予想される。
昨日のFOMCでは、インフレ率に関して
今年は上昇すると、声明文が前回から
上方修正されたため、特に賃金の部分が
注目される。
1年前に比べて2.6%のプラスという
市場予想を上回る結果となれば
ドル円は110円台に上昇する可能性がある。

<<本日の重要経済指標>>
22:30 アメリカ・雇用統計
24:00 アメリカ・耐久財受注(確報値)

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTubeチャンネルはこちら!

Twitterはこちら!

インスタグラムはこちら!

最近のコメント