ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

12月7日ドル円予想レンジです。

111.80円〜112.80円 (三菱東京UFJ銀行)

昨日のNY市場は
リスク回避の動きがやや続いたので
円が最強通貨となったが
一方でドルも強かったので
ドル円はさほど値動きがなかった。
ただ、そのしわ寄せとして
クロス円の円高が顕著に進んだ。

本日については
週末の雇用統計や
税制改革に期待したドル買いが
概ね一巡したと思われるため
ドル高円安方向には
少し重い展開が予想される。

引き続き
リスク回避の動きは残ると思われるので
円高に警戒が必要とはなるが
ただ、12月は米ドルも比較的しっかりと
推移しているため
ドル円はやや方向感が出にくく
クロス円での円高に引き続き注意が必要だと
考えられる。

今年は
アメリカ経済の好調を反映して
利上げが行われて
2年債の利回りは
年初1.37%から
直近1.81%まで
上昇していることから
教科書的に言えば
ドル高となるはずだが
ここまで「ドル指数」「ドル円」ともに
ドル安が続いている。

このドル安円高の背景として
アメリカの長期金利や
日本のインフレ期待の低迷が
考えられる。

ドル円と日米金利差の
中長期的な相関度合いの強さの推移を見ると
足元では
米2年債との相関が顕著に下落する一方で
長期10年債との相関は高さを維持している。
本来長期金利というのは
様々な要素を見ているので
為替と必ずしも相関が高いわけではないが
現状相関性が高い。

ということから
市場参加者の誰もが
目先のアメリカ経済の好調や
12月を含めてこの先2~3回の利上げは
織り込み済みという現状が見える。
今後のドル円上昇のためには
短期ベースでの金利上昇に対して
ドル円は反応しなくなってきているので
やはり長期金利の上昇が必要になってくる。
そのためには
アメリカの経済成長やインフレが
長期的に見て加速するという見方の台頭が必要だが
アメリカでの金融正常化の進展につれて
そのハードルは高いと思われ
やはりしばらくドルは
上値が重い展開が続くかもしれない。

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。