ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

10月30日ドル円予想レンジです。

113.00円〜114.00円 (シティグループ証券)

先週末、アメリカの株は相当強かったが
金利の上昇が一服したことで
全面的なドル高の修正となり
ドル円も頭打ちという展開になった。

本日は
今日明日と日銀政策決定会合で
その後FOMCという流れとなるため
113円台で様子見色が強い展開が予想される。

このところ
日本株高、リスクオンのわりには円安に行かず
日経株とドル円の相関が崩れていると言われている。
日本株は2015年のアベノミクス高値を超えて上昇しているが
ドル円は現在114円前後で推移しており
2015年の125円の高値より出遅れてる格好になっている。
つまり、日本株が先に上がってドル円が遅れている状況にある。

この要因としては、米FRBの金融政策にあると考えられる。
現在、アメリカのダウは、市場最高値を更新しているが
これは、FRBが緩やかにしか金行引き締めを行わないという方針を示していて
アメリカの金利が上昇しにくい環境で株高になってると考えられる。
一方でドル円が下がっていることで
日経平均はNY株に比べて出遅れている格好になっている。

日経平均、日本株については先高観が根強いが
基本的に、株高は、ドル高円安に効いてくると考えられる。
それは、株高になると
日本の生命保険のような国内投資家のリスク許容度が高まって
外貨リスクを取りやすくなり
また、海外の長期投資家で日本株に投資する人たちの中には
株高になると、半自動的に円売りドル買いの為替ヘッジを行う投資家もいるため
日本株に出遅れているドル円を押し上げる要因になる。

そうしたことを踏まえると、NYダウは現在23,000ドル位だが
日経平均がそれに追いついて23,000円程度になると
ドル円は118円から120円のイメージで上昇すると想定される。

<<本日の重要経済指標>>
21:30 米・個人支出(前月比)
21:30 米・個人所得(前月比)

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。