ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

10月10日ドル円予想レンジです。

112.10円〜113.30円 (FPG証券)

昨日のアメリカは
債券市場が休みで
金利も動かなかったため
ドル円も小動きに推移。

本日は
北朝鮮朝鮮労働党創建記念日ということで
アジア時間に関しては
市場も警戒感が漂う一日となりそう。
逆にアジア時間に何も起こらなければ
ドルも持ち直していく可能性がある。

アメリカの10年債利回りを見てみると
4月以降上下動を繰り返す
レンジ相場で推移しており
一ヶ月前は、2.0%を試す場面があったが
その後反発上昇して2.4%を試す動きとなり
現在は、4月以降の上限付近に位置している。

この背景は
米経済指標のしっかりした伸びが見られ
雇用統計も賃金上昇が確認されたことで
利上げ期待が確実視されているところにある。
まだ北朝鮮問題も残ってはいるが
9月以前とは違ってきていると言える。

この10年債利回りと
ドル円相場の関連性は非常に高く
ほぼ同じ流れでチャートは推移していることから
金利がこのまま2.4%を維持する展開になると
ドル円も114円を試す動きになると考えられるため
米10年債の動きにも注意が必要となる。

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

YouTubeチャンネルはこちら!

Twitterはこちら!

インスタグラムはこちら!

最近のコメント