ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

8月18日ドル円予想レンジです。

108.80円〜109.80円 (三菱東京UFJ銀行NY)

昨日のNY市場は
トランプ政権の二つの助言組織の解散に続き
経済担当補佐官のコーン氏辞任の報道が嫌気され
株価が急落、ドル円も109円半ばまで下落。

市場はトランプ大統領の、減税など
これまで掲げてきた財政政策が
執行されないのではないかとの懸念から
株価が圧迫され、ドル売りとなっている。
この状況はしばらく続くと考えられ
ドル円は下値を伺う展開になるとみられる。

来週後半からは
ジャクソンホール会議が開催されるが
イエレン議長はこれまで
金融政策を決める上では
「政治や財政政策を考慮していない」
と発言している。

ただ、仮にバランスシート縮小となると
株価をさらに押し下げる可能性があるだけに
議長がこれまでの方針を維持するのか
もしくは予想外の方針を打ち出すのか
来週の会議の発言が注目される。

仮に「予想外の発言」となると
米国株の下げが一旦は収まる可能性があり
ドル円も反発すると考えられる。

<<本日の重要経済指標>>
23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)