ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

6月20日ドル円予想レンジです。

111.20円〜112.00円 (FPG証券)

昨日のNY市場
NY連銀総裁のタカ派発言を受けて
米金利が上昇。
米株価指数ダウは最高値を更新、
ドル高円安の動きとなった。

今後も昨日同様、FRB当局者の強気な発言が
ドルの下支えになると考えられる。

このところの内容をみると
米FRBは
景気の水準に注目しており
金融政策は緩和的で、景気を後押しと解釈。

一方、市場関係者は
経済指標の変化率に注目。
金融正常化によるインフレ圧力は後退し
景気は減速するとみている。

このように強気なFRBに対して
市場は弱気な見解もあり
ドル円は上下しそう。

インフレ率が少しでも上昇すれば
FRBの強気に市場が屈して
米金利が上昇してドルを押し上げることになる。

ただし財政拡大による
景気拡大、インフレ加速までは見込めないため
ドル円は次の利上げまでは110円〜114円での
推移を見込んでいる。

<<本日の主な経済指標>>
21:30  米・四半期経常収支

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。