ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

6月5日ドル円予想レンジです。

109.80円〜110.80円 (クレディ・A銀行)

先週末のアメリカ雇用統計では
市場が最も注目していた賃金の伸びが
予想の2.6増を下回り、
ドル円は約1円下落の円高展開に。

今週は8日に重要イベントが集中。
1、イギリス総選挙
2、ECB理事会
3、コミー前FBI長官議会証言
がある。

テクニカル的に、現在ドル円は
200日移動平均線にタッチしている状態で
これを反発できるか、割り込んでいくのか
が注目点。

また、いまのところ
アメリカ6月利上げにも焦点があたっているが

利上げ前はドルが強含み、
利上げ後に下落するというパターンが
市場ではよく知られてはいるが

昨年12月利上げでは
利上げ後にドル上昇
今年3月には
利上げ後にドル下落

必ず当てはまるパターンとは言えない。

ということで
今年3回目の利上げやテーパリング開始時期の
市場の思惑の織り込み具合に注意を払う必要がある。

【本日の主要経済指標】
23:00 米・ISM非製造業景況指数

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。