ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

5月26日ドル円予想レンジです。

111.35円〜112.15円 (三井住友信託銀行NY)

OPEC総会での減産延長決定で
原油価格が大幅に下落。
カナダドルなど原油価格に
連動しやすい通貨は下落したものの
ドル円についての影響は限定的。

週末となる本日、日本時間夜には
アメリカで6つの経済指標の発表がある。
中でも四半期GDP改定値、耐久財受注の発表は
相場に影響を与えやすい。

アメリカの経済指標でいうと

来週6月1日に発表される
米・自動車販売は注目といえる。

アメリカの自動車販売は低迷が続いており
今年発表の数値はすべて予想値を下回っている。

現在、市場は、「利上げ期待」と
「トランプ政策リスク」を天秤にかけた綱引き状態といえるが

このまま自動車販売の落ち込みが継続するようだと
金融緩和解除ペースに変化をもたらす可能性があり
市場の動きが、トランプ政策リスク寄りに
引っ張られてしまうことが懸念されるため注意が必要。

【本日の主要経済指標】
21時30分 米・四半期GDP(改定値)(前期比年率)
21時30分 米・耐久財受注(前月比) / 米・耐久財受注(除輸送用機器)(前月比)

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)