ウォルフ波動検証をメインにしたFXブログ

menu

ウォルフハンターFX

4月21日ドル円予想レンジです。

108.50円〜109.80円 (みずほ銀行NY)

昨日のNY時間には
米企業の好決算
米ムニューシン氏による税制改革関連発言
オバマ法案代替案合意が近し、という報道
フランス大統領選挙世論調査での安心感
黒田日銀総裁の緩和政策維持発言
など
次から次へと
マーケットにとって好材料が入ってきた。

しかしながら
週末には、いよいよフランス大統領選(1回目)を控え
市場は様子見の展開を予想。ドル円は上値重く推移しそう。

フランス各政党の候補者は、支持率を拮抗させていることから
結果は非常に流動的ともいえる。
マーケットは、イギリス国民投票時やアメリカ大統領選で
選挙による相場の乱高下は立証済みであるため
結果次第ではボラタイルな値動きにつながると考えられる。

ドル円は現在買い戻し基調ではあるが
節目の110円を回復できておらず
買い戻し一巡後は再び下値を探ることも考えられる。

アメリカで開催されているG20の内容には引き続き注目。

【本日の主要経済指標】
23時00分 米・中古住宅販売件数

⬇️応援クリック宜しくお願いします(。v_v。)ペコリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。